無料ブログはココログ

ココで買えるぞぉ~!



  • そうは言っても、旅費を考えたら通販のほうが安いですよね^^;

  • ラーメン博物館謹製 ラーメンフォーク

  • スノーピークのチタン製先割れスプーン

  • 煙がでない焼き鳥器 卓上で使えます。

  • アマノフーズのグリーンカレー キャンプ、非常用にアリです。

  • すげー良いです!LEDランタン

  • こりゃ旨い? 美唄(角屋)のやきそば

  • 究極の蚊取り線香 パワー森林香
  • 宮崎本店 亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎キンミヤ焼酎 25度 1800ml

チョイモビ講習会に参加してきました。

たまたまニュースでみつけたので、早速チョイモビの
運転講習会に行ってきました。



講習会場は、横浜の日産グローバル本社



講習会の定員6名 講習予定時間は1時間。
まず、運転免許証提示の上受付。
講習は、まずビデオと座学で15分くらい。
その後、実車での説明が15分くらい。
最後に実際に試乗車に乗り込んで、公道での試乗会。



運転装置はとても単純。
ハンドル右にワイパースイッチ、ワイパースイッチの奥に電源スイッチ。
ワイパーは三段切替で、デフロスタ代わりのフロント熱線スイッチ付き。



ハンドル左側には、ウインカー。その左に、前後進切替ボタンとハザードボタン。ウインカースイッチには、対人気づき音出しスイッチとクラクションボタン。




シート調整は、前後のみ。シートベルトは自動車同様左から廻すタイプの他に、右に一本の計2本。
ハンドブレーキは、左手でボタンを押してからリリースする昔のコラム式とかについていたタイプ。
ペダルは、ブレーキとアクセルの2つだけ。



オートマチック車と違い、クリーピングがないので、ブレーキペダルを離してアクセルペダルを踏むまでの間、坂道ではバックしてしまいます。(左足ブレーキ踏み替え、ハンドブレーキの併用はできない)

運転手順は、カードを使用しクルマにチェックインしたら、電源スイッチを奥まで廻して電源ON。この際に、GOのランプ店頭を確認。



前後進切替ボタンをDにして、ブレーキペダルを踏みながら、ハンドブレーキ解除。そして、ブレーキからアクセルに踏み替え。これだけで、動き出します。(安全点検、ベルト装着などは別途実施)



講習会終了後に、キーの代わりとなる利用者カードが交付され、そのカードで実際にチョイモビの利用が可能になります。



あー面白かった。
講習会終わったら、本当に利用したくなってしまった。

サスペンションが硬くて、乗り心地はゴツゴツしてあまり良いとはいえません。
窓はオープンで閉まらず、トランクルームはありません。バックミラーは、手を伸ばして鏡面を手で調整。
なんか、ゴーカートみたいな感じです。

新しい整形外科に行ってきました。

毎日、痛いとか不調だとか言ってても治るものでもありませんので、昨日、リハビリに力を入れている病院に、行ってきました。
最初に医師の診察、レントゲン写真を何枚か撮影された結果、変形性膝関節症はあるけど、その他は正常なので、痛みについてはリハビリで対処しましょうと診断される。
そして、理学療法士から詳細な問診を受ける。話を聞きながら、立ったり座ったり、膝を伸ばしたり曲げたりしつつ、痛みの状態などを確認する。
いくつかの動きを確認した後で、理学療法士から、膝の痛みや、動きの不具合には腰が関係しているように見受けられるため、試しにこんな体操をやってくださいと指示。
腰の体操をやってみると、膝の痛みが軽減し、また、片足だけのジャンプも問題なくできる。さらに、股関節周りの可動域も広がることがわかった。その後、いくつかの動きを試した上で、当分これで行きましょうという、腰を中心とした体操を決定する。
私の膝は腰を丸くすると症状が軽減され、背筋が伸びる状態と悪化するようです。
当面の体操のオーダーシートのようなものを書いてもらって、次回の予約は9月下旬。
ハードウェア的に、運動の障害になるものはないので、運動は続けられますが、ヨガのポーズによっては、リハビリと干渉してしまうものがあるので、そこは考えてと言われました。
もっとも、痛むときは運動できませんので、無理な運動はしません(できません)。
最初に通った整形外科では、機能は正常です。安静にして湿布して痛みがなくなったら、運動療法(膝のための)をしましょうということで終わっていた治療。
2度目の症状が出ても同じ対処だったので、思い切って別の病院を受診してよかったんではないかと思います。
理学療法士が、詳細な症状の聴き取りをして、さらに動きや、その効果などを確かめながら作ってくれた、リハビリテーション総合計画書。当面、これに従ってリハビリ頑張ります。

運がよかったから助かった...

8/31 NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク山元町6便で山元町に行ってきました。
そこで伺ったお話。
作業に入る前に、山元町社会福祉協議会 岩佐事務局長にご案内いただき、山元町立中浜小学校(現在は閉校)に行ってきました。
前回訪問したときもうかがったのですが、今回ちと思うことがあり書いてみます。

20130525_7_59_46_2
中浜小学校には、この写真の右上の印まで津波がきています。

津波の第一波は駐車場にかからないくらいの高さまできたそうです(赤いラインは伺った話から想像して私がひきました)
Photo
津波の第二波は、学校の1階まで入ってきた。
Photo_2
そして、第三波が2階を越えてきたそうです。
3_2
学校関係者や近隣から避難してきた方たちは、この屋上に逃れ押し寄せてくる津波を見ていたのかもしれない。
Photo_3
屋上には倉庫として使われている部屋があり、ここに90名の方が避難されたとのこと。
20130831_7_51_39
校長先生がおっしゃっていたそうです。
私たちは、日頃から避難訓練をしっかりしていたから助かったわけではありません。
運がよかったから助かっただけです。ただ、指定された避難所に向かっていたら、おそらくみんな助からなかっただろうと。

今回は、たまたま運がよくて、津波が屋上まで達することが無かったので、中浜小学校に避難された方は全員助かっています。
しかし、万一津波があと何メートルか高く屋上を越えていたら、私は避難所に向かわなかった学校関係者に対しどうおもったのだろう?....など。
考えがまとまったわけでは無いけど、現場を目の当たりにするといろいろ考えることはあるんだなぁと改めて感じた次第。

ということで、私がこんなことを考えるきっかけをいただいた山元町社会福祉協議会 岩佐事務局長の講演会が横浜で開催されます。
9月16日14時から
「被災地から学ぶこと 神奈川で生かせること」宮城県語り群山元町からの報告
講師:宮城県山元町社会福祉協議会 岩佐事務局長
参加には事前申込が必要です。 詳細と申し込みはこちらから







7/19-7/21石巻でジャガイモ収穫と南三陸で草刈

  7/19 22:30 今回自家用車を出してくれた厚木のYさんと待ち合わせ、Aさんと私が乗車、次の待ち合わせ地点へ。
23:30 Sさん宅到着、近隣駅でTさんを収容し出発。
0:40 佐野サービスエリアで休憩 ここにきたら必ず食べる佐野生姜ラーメンをいただく。

1
ここで運転交代

3:40 国見SAで休憩
売店では桃が売られていて、つい、買いそうになったんだけど、まだ往路ということで断念。
2

代わりに桃ジュースとメンチカツで我慢。
3

ここでまた運転交代して、仙台市内。
刈払機をお借りして、そのまま道の駅上品の郷で朝食と時間調整

8:00 石巻市橋浦のお宅に到着。
お茶っこしてから、ジャガイモの収穫作業
4

5_2

掘ったじゃがいもは、とりあえず乾燥のため放置したまま次の目的地に移動。

途中立ち寄った南三陸町志津川地区は、前日までの大雨が排水できていなくて、道がところどころ冠水していました。
6

前回うかがったときは、まだ残っていた志津川病院は、すでに解体されていました。
7

午後の作業前に、とりあえず腹ごしらえ。
南三陸町さんさん商店街で、各々好きなものを注文し、中央のフードコートでいただきました。私は割烹食堂松原のキラキラうに丼 ちょっとタコがしょぼかったか(>_<)
8   

ついでに、こんなこともして遊びました。
81

久々に訪れた南三陸町戸倉の海岸は、防潮堤の工事が始まっていました。
9

午後は、刈払機フル活用で、草刈り作業。
10
作業前を撮っていなかったのですが、手前のように草がエライ勢いで生えていたところを短く刈り込みました。奥のほうにほこらが見えてきたのが、結構達成感。
休憩時間は、川の上でこんなふうに寛いでいたりします。
101

草刈終了後、石巻に帰ってジャガイモを収穫。

作業終了後に、クルマで10分ほどの追分温泉へ
11
こちらの温泉はとてもレトロな雰囲気で、温泉もとってもいい感じ。
12
休憩コーナーにはこんなものがあったり
13tv_2
外にはこんなクルマが停まっていたり
20130721_5_03_43
20130721_5_04_11
お料理もとても美味しいらしいです。

が、私たちの夕食は橋浦のお宅で準備してくれたBBQ
14bbq

食べ終わって、片付けをしてたはずのSさんは倒れて寝てました。
15
22時には就寝。
7/21 ついうっかり、2:30起床。二度寝して3:30に外にでてみたら生憎の雨。
こりゃ、作業はできないなと思って三度寝して4:30に起きたら雨は止んでました。
5:30から畑の草取り開始
16
作業前の写真を撮り忘れてました^^;

片付け、朝ごはんをいただき、じゃがいもの分別などを終えて8:30頃出発。
途中、じゃがいもを郡山の仮設(原発)に送ったり大街道地区などに届けつつ奥松島に向かいました。
あ、いや、とちゅうでケーキ屋さんにも寄りました。
18

奥松島はまだまだこれから復旧作業が必要な場所が多く残っています。
19
20
21

奥松島に立ち寄ったのは、この日海開きだった月浜海水浴場のにぎやかし。
22

海パン持ってくればよかったなぁと思いつつも、ここで泳いだら帰れないでしょ^^;
ということで、現地入りしていたボランティア仲間と旧交を温め、後ろ髪を引かれつつ帰路へ。途中、刈払機を返して一路東京へ....
とりあえず、春日むすび丸PAで休憩^^;
23

那須高原SAで昼食 ステーキ丼!
24

帰りも大きな渋滞はなく、順調にクルマを走らせ、メンバーを降ろしつつ、私の帰宅は18時ごろ。
いつものように、ワンコの熱烈歓迎を受けたのでした。
いじょ

ああ無情

朝起きたら、眼鏡が見当たらなかった。いつも、寝る時に置く場所に、眼鏡がなかった。仕方ないので、鞄にいれてあるもう一つの眼鏡をかけて、眼鏡を探したら、思わぬ所に眼鏡があった。

あれ?なんでここに?と、思った。

眼鏡の形が少し変だった。

1374175277885.jpg

なんか変だったので、よく見た。

眼鏡のつるが齧られていた(涙)
1374175280876.jpg

犯人は、こいつだっ!
1374175283530.jpg
おはよ!

アウベルクラフト20周年記念コンサート&岡崎の旅

10/26 仕事を少し早めに切り上げて早退。明日のイベントは料理屋さんでのライブ、そして室内のお楽しみ等々のため、ワンコをホテルにお願いしなくちゃならないので。
実はチャンス君 ひとりでお泊りするのは、あまり好きじゃありません。が、ペットショップ直営のホテルで、泊まってる間にシャンプーもお願いしていくので、さっぱりして帰ってきてねとお願い。
ちょっと憂鬱なチャンス
20121028_1chance_mini

21:30 遅番から帰った嫁を乗せて、自宅を出発。厚木ICから東名にのり途中駿河湾沼津SAで休憩し、01:20浜松SA着。小型車と大型車が完全に分離されているので、静かに寝られそう。残念ながら私の通常のパターンだと距離的にあまり利用することはなさそうだけど。
初めてきたSAなので、とりあえずドッグラン等設備を探検し、嫁はそのまま就寝。私は、ビールとつまみ持参で軽食コーナーへ。
半円形のテーブルの上に「音楽と映像をお楽しみいただけます。お持ちのiPad/iPhoneにおつなぎ下さい。」という表示があったので、繋いでみたら...椅子のちょうど頭の位置あたりにスピーカーが埋め込まれていて、音が聞こえてくる仕組みになっていました。音楽を聴きながら晩酌して就寝。

不思議なテーブル
20121028_1hamamatu

06:30 朝一番から営業しているお店がラーメン屋さんしかないので、移動開始。お昼はラーメン屋さんに行くことに決めてあるからね。
7時ごろ 美合パーキングエリア着 ここはマクドナルドも併設してるなど設備充実していてお勧め。さっそく朝ごはんをいただきましたが、ここで食べた三河トン丼が激旨だった。

三河トン丼
20121028_1mikawatondon

8時過ぎ 美合PA発 岡崎市内に向かい、途中給油などしながら移動し8:30の駐車場オープンを待って岡崎公園駐車場にin ちなみに、一般者駐車場は入り口ゲートが車高2.3mの制限あり。

岡崎城
20121028_1

公園内を散策し、10時少し前にまるや八丁味噌さんに到着。当日は、きらりまつりというイベントが開催されており、10時から社長さん案内の元味噌蔵の見学をさせていただきました。八丁味噌といえば、まるやかカクキュー。どっちも同じようかなと思っていましたが、見学コースのあちこちでお話してくださる、社長の八丁味噌と、自分の蔵、従業員に対する愛情が迸るような説明に感動。

社長さんの説明
20121028_1maruya_shacho

味噌蔵
20121028_1misogura
一度仕込んだら2年間はそのまま動かさずに発酵・熟成させるそうです。

石積み
20121028_1isidumi
普段は下から見上げることしかできない、石積みもわざわざパレットを積み上げた見学台を作って間近からみせていただきました。
カクキューさんの味噌はよく見かけるんだけど、社長に感動したのでまるやさんの八丁味噌を購入。
ところで、八丁味噌と赤だしの違いしってます? 八丁味噌に麹味噌をブレンドして赤だしになるそうです。赤だし好きな私ですが、初めてしりました。

その後、カクキューさんも見学し、八丁味噌蔵を後にしました。
旧東海道をはさんで まるや八丁味噌とカクキューが並んでいます。

旧東海道
20121028_1tokaido

カクキュー
20121028_1kakukyu

岡崎公園を後にして向かったのは岡崎駅近くのラーメン牧場。
昔からアウベルクラフトの柴田ご兄弟が足繁く通っているお店なので、せっかくの岡崎のお昼はここと決めておりました。
いただいたのは、チャーシュー麺とぎょうざ。

チャーシュー麺
20121028_1ramen

最近はこったラーメンが多いですが、ラーメン牧場のラーメンはとっても澄んだ優しいお味。そこに、分厚いチャーシューが乗っていてボリューム満点。餃子もうまし!満足してお会計とお願いしたら...「あなた、柴田さんのお知り合い?」
前日に、柴田ご兄弟が「明日は知り合いが食べに来るかも」と話していたらしい。
恐るべし地元の方に愛されているラーメン屋さん。おそらく当日初見の客は私たちがはじめて。カウンターだけの小さなお店ですが、お客さんが途絶えることなくいつも満席。
岡崎に行ったら、ぜひ という隠れた名店でありました。

お腹も膨れたことだし、いよいよ本日の目的地アウベルクラフトさんに向かいます。
アウベルクラフトの商品は、前からいろいろ使ってきましたが、じつはお店を訪れるのは今回が初めて。

アウベルクラフト
20121028_1auberu

訪れて早々、お話もそこそこに掘り出し物市を物色してしまうのが哀しい性^^;
いやいや、とっても良い品物を色々掘り出させていただいちゃいました、ありがとうございました。
午後一杯、ほとんどの時間をお店の2階、囲炉裏キットのある秘密基地みたいな工房ですごさせていただき、柴田ご兄弟の面白いお話(ただし、当時はかなりやばかった等)やコーヒー豆焙煎の微妙な音と良い香りを楽しませていただきました。いや、楽しかった。

そして17時すぎから、お店の近くのライブ会場「魚よし」さんに移動。
今日のメイン2つ目は、西沢和弥さんと長野友美さんのライブ@魚よしさんです。
魚よしさんは近隣でも豪華な料理で有名らしいですが、当日もとっても豪華なお料理にびっくり。

そして、ステージ上では長野さんが西沢さんのギターをかかえて「気にしない~気にしない~」とサウンドチェック(^^)

気にしない
20121028_1scheck

18時からステージ&宴席が始まり、西沢さんの軽妙なおしゃべりと楽しい歌、そして長野さんの透明な歌声とヤギと毒のお話。ものすごく楽しくて美味しい時間でした。
アウベルクラフトの柴田ご兄弟に大感謝!

柴田兄弟
20121028_1skyoudai

ライブが終わってから、またアウベルクラフトさんの2階に移動して二次会スタート。
囲炉裏をかこんで、色々な話と美味しいお酒で夜が更けていきます。
そして、長野さんが愛器ローデンをかかえて、「何かうたいましょか?」と言っていただくもんだから、「つばめ」を歌っていただきました。

つばめ
20121028_1_tubame

20121028_1nijikai1

さらに、ギターは西沢さんにタッチされ、Simon & Garfunkelから高田渡、加川良、ディランⅡなどなどみんなでリクエスト大会。そして柴田兄(クラフトさん)もローデンを弾かせていただきご満悦。実は柴田ご兄弟はとっても音楽好き、ギター好きなのです。クラフトさんも上手かった(マーベルさんは遠慮されてて、それもまたご兄弟の人柄がでていて(^^)
そして、二次会は午前2時ごろ中締め^^; 私はそこで失礼しましたが、柴田ご兄弟と長野さんは6時まで飲んでいたとか...

10/28 6:14起床 やっぱり普通に4時間で目が覚める^^;
チャンス君お迎えの都合があるので、みなさんにはご挨拶せず、こそっとエンジンをかけて帰路へ
途中、またまた浜松SAで朝食休憩をとり、10時過ぎに自宅着。すぐにチャンスを迎えにいきました。
帰ってきてすぐは、チャンス荒れてましたが、夕食の食べっぷりを見て納得。
引取りの時にも言われたんだけど、ホテルであんまり食事できなかったみたいでした。

そして楽しい週末はおわったのでした。
おしまい

アウベルクラフト20周年記念キャンプのことやら、BioStoveのことやら

9月29日、9月30日の日程で、アウベルクラフト ミニ・キャンプミーティングに参加してきました。
6月末に、我が家にやってきたチャンスにとっては、初の長距離ドライブ、初の外泊、初のキャンプ。
でも、会場のみずきの里(旧足助町立御内小学校)はとっても良いところで、台風前の一日をのんびり過ごしてくることができました。
初めての長期ドライブ 途中、新東名駿河沼津サービスエリアと美合パーキングエリアで休憩。美合パーキングエリアで初ドックランを経験。幸い他のワンコがいませんでしたので、初体験でものんびり手足を伸ばして走り回ることができました。

20120929_100818mini

朝6時半頃自宅を出発し、会場に到着したのが11:40頃。すでにアウベルクラフトの柴田兄弟は到着されて、会場を設営されてました。
ありがとうございました。

早速、うちも設営して(といっても、カーサイドリビングを立てただけ)、チャンスはあたりを探検したあと、椅子でのんびりタイム
20120929_133940

アウトドアショップのキャンプミーティングですから、もちろんグッズ自慢も^^;
我が家の出し物は、BioStove 注文してからの疑問、使用したあとでストーブの中が煤だらけにならないか?という疑問に初めて回答が出される瞬間です。

まず、ストーブをセットし、着火材に火をつけて放り込み、そこに燃料の割り箸を半分に折って投入します。
そして、本体(オレンジ部分)のファンを廻すと、どんどんストーブに空気を送り込みます。
20120929_170114mini

そこで、コッフェルにお水を入れて、沸騰実験。この火力ですから、ストーブとしての実力はなかなかのもの。すぐにお湯が沸きました。(って、時間計るの忘れました)
ただ、用意したコッフェルが BushBuddy用に使っているSnowPeakのTrek900だったので鍋の直径がほぼストーブのゴトクと同じで、若干安定性が悪かったです。
(煤が付く可能性が高かったので、他のコッフェルは使いたくなかった。また、大きなコッフェルを使った場合輻射熱で本体が溶けるんじゃないかとの心配もありました。

ちょうどお湯が沸いたころに、本体下のグリーンランプが点灯、これで充電準備完了です。
20120929_170955redymini
というところで、あとは充電できそうだしiPhoneの電池も余裕があったので実験終了。

さて、一番の興味、煤は?ですが、目視した程度ではほとんど煤はみられません。
ストーブ本体が充分冷えてから、なかに手を突っ込んでこすってみましたが、うっすら煤の跡が付くぐらいで、真っ黒なんてことはありませんでした。
火を燃やしだすと同時にファンが廻りだし、ストーブが非常に効率よく燃焼するためか、煤はほとんど残りませんでした。とりあえず、紙でちょっと拭いて、発電機部分を収納しました。
あ、写真撮り忘れた^^;^^;^^;

結論ですが、BioliteStoveを使用しても、煤はほとんどでないため、本体(発電部分)を収納しても汚くなりません。これは優れもの。本体129ドルプラス送料です。

そんなこんなで、楽しいキャンプでした。
20120929_193114nightmini

朝になって、会場をうろついて、二宮金次郎さんにご挨拶。
20120930_070256kinmini

会場全景はこんな感じ。
山間の小さな小学校跡 

台風17号がが迫っていたので、朝からあたふたと撤収し、7時過ぎには現地を出発し、自宅に12時頃無事に帰着しました。

アウベルクラフトの皆様、キャンプ・ミィーティングに参加された皆様、今回は色々お世話になりありがとうございました。また、色々ご馳走様でした。
とてもおいしゅうございました。
台風という理由はあったにせよ、会場撤収作業ができずすみませんでした。
とても楽しいキャンプでした。
来月もアウベルクラフト フェスティバル+お座敷ライブに参加させていただきます。
よろしくお願いいたします。

超ちいさなスモーカーで燻製づくり

いつもお世話になっている手作りキットとアウトドアグッズの専門店アウベルクラフトさんから荷物が届いた。

アウベルクラフト創業20周年記念のちいさなスモーカーSDスモーカー1992

燻製作りは昔からやっているので、スモーカーはいくつも使ってきた。
が、こんな小さなサイズのスモーカーは見たことがない。
20120812_094219mini

比較のために組み上げてみてからiPodを並べてみたけど、「ええっ!こんなに小さいの?」 である。

小さいけれど、そこはアウベルクラフト。まぁ、作りの精巧なこと。
送られてきたパッケージをあけるとこんな感じ。
20120812_085932mini

小さな箱の中に、びっしりと部品が詰まっている。
だいたいスモーカーなんてのは、箱から出して簡単に組み上がるものですぐ燻製が作れるもの。 と、思っていた私の考えは打ち砕かれた。
パーツの中に、精密ドライバー(磁化済み)があり、ねじが30個(本体用)。
それも眼鏡に使うような精密なねじが...
ここで気付いた。アウベルクラフトの今回の遊びは、スモーカーを作るところから始まっているのだ。

それから、眼鏡をはずして(はい、老眼ですから)、目をうんとパーツに近づけて工作すること、約1時間...で、無事スモーカー完成。
細かいパーツの組み合わせなんだけど、精巧に作ってあるので、力を入れるところは無く、ただ、正確に組み上げていけば、誰でも作れます。(小さい子供じゃ無理かな?やっぱり大人のおもちゃです)
※私がしびれちゃった工夫については、一番したのおまけ2をご参照ください。

組み上げてしまえば、もうスモーカーです。
実は、昨日のうちにこれだけの食材を用意していました。
20120812_053604mini_2

さらに、昨晩の残りの焼き鳥(生)を串から外してボイルし、赤ワインと醤油につけて1時間。食材はもう、これで十分。まず、ウズラの卵をボイルし、先ほどの焼き鳥の肉といっしょによく乾燥させます。
20120812_094448mini_3

食材を乾燥させずに燻製すると、水滴のついたところが酸っぱくなってしまうので、風乾はしっかりしたほうがよいです。(ここがポイントw)

そして、スモーカーにセット
20120812_100118mini_2

スモークウッドを下の皿にセットして燻製開始。

ちなみに、キットにはあらかじめminiサイズのスモークウッドがセットされていますので、それを2㎝ほどの長さにカットして使います。
通常のスモークウッド(左とminiの比較)
20120812_115828mini

燻製してるところの動画はこんな感じ。
http://gnzo.com/videos/5350
煙の量の調整には、あらかじめ用意されている画鋲のようなマグネットを使用します。
マグネットを使用して、煙穴を閉めたときの動画はこんな感じ。
http://gnzo.com/videos/5351

上から抜ける煙が少なくなって、より強く煙をかけることができます。
そして、出来上がった燻製が、これだ。
20120812_144009mini

ま、肉のほうは食べてみないとよくわからないよね^^;
肉と卵、両方ともしっかり燻製されてました。

今日はたまたま長男が一時下船で帰省すると連絡があったので、晩酌のあてにもう少しいろいろ作ってみます。
まだ、チーズと蒲鉾が丸々残ってるし(^^)

ということで、アウベルクラフト創業20周年記念グッズのミニスモーカーは、結構面白く、かつ、しっかり使えるという結論になりました。
ただ、家族みんなでたくさん燻製を食べたいとか、仲間でわいわいやりたいなんて場合には、普通の大きさのスモーカーを使うことを強くお勧めします。
ちなみに、いつも使ってるSOTOの折り畳みスモーカーとサイズを比べてみました。
20120812_115348mini

このスモーカーは、夜仕事から帰ってきて、お風呂に入る前にちょっと準備して自分だけのつまみを作ってやろうという不良親父や、夜のキャンプでのんびりしてるときに、ちょっとだけつまみを作ろうというシーンには最適です。

ちなみに、今回の燻製作りはキッチンでやりました。
上の写真にある、普通サイズのスモーカーをキッチンで使用すると、火災報知機(煙感知)が作動してしまうのですが、この小さなスモーカー程度なら換気扇を回しておけば大丈夫。
20120812_124549mini

これって、案外重要なポイントかも。
以前住んでいたマンション(1階)の庭でスモークした時は、2階で布団干してた住民の方に偉く怒られたもの(爆)
これなら集合住宅でも、十分スモークが楽しめます。

おまけ
作業中キッチンに入れてもらえなかったんだけど、柵の外で静かにまってたうちのワンコ。
偉いぞ! チャンス(^^)
20120812_115455mini

おまけ2
私がしびれた、このスモーカーの秘密はここだ。
20120812_150756mini
3つ並んだねじのうち、一番下のねじが前のふたを止める蝶番用になっていますが、このねじでふたをねじ止めしているわけではありません。
ねじ込んだ、ねじの頭が、一回り大きく開いている穴の中にすっぽり納まって蝶番の役割をしています。これなら、何度開け閉めしてもねじが緩むことがありません。

すげー、しびれた。
これも、全体が精巧に作られているからこそ、できること。
歪んでいたら、こんな細工はできませんから。
いや、まいったm(__)m

収穫

プランターで育てていた枝豆、植えたままにしておいたら、豆が太ってくるのでなかなか収穫の時期がわからず、そのまま放置していました。が、今朝みたら大変!葉がかな。食われていて、茎も倒れているモノがありす。
よくみると、小さな虫がたかっています。
1342401668492.jpg

危ない危ない。、こうなったら、虫との戦いです。
一気に収穫する事を決意。
ついでに小さなゴーヤ、ミントの葉も収穫しました。

1342401673761.jpg
採ってみたら、こんな大きな虫もついてました。危ない危ない。


1342401675874.jpg

枝豆は、こんなに収穫できました。予想外の豊作?

1342401678365.jpg


おまけ、サニーレタスの木

1342401680121.jpg

ゴーヤのカーテン育成中

1342401682870.jpg

刈り取った後のプランター

1342401685362.jpg

防音工事61日目(のべ79日目) 防音工事終了

防音工事61日目(のべ79日目) 工事終了。

12月10日に始まった、我が家の防音工事。
2月29日に、和室の障子が入り、めでたく終了しました。
あとは、防音工事では対応できない一部建具と門扉、入り口等の手直し他の作業を行う予定ですが、補助金でやっていただく工事は2月中、工期内に無事終了です。
本来の目的の防音という効果以外に、全居室および外観塗装のリニューアルを行うことができて、とても満足しています。

今回の防音工事は、家全体の壁、天井をはがし、窓、ドアを交換、電気エアコン工事、クロス張替え、全塗装と非常に大掛かりなものでした。それだけに、工期も長く、作業していただいた業者さんも多岐に渡り、費用もそれなりにかかっています。
これだけの工事が、基地の騒音対策費用として支払われています。
そして、その費用で多くの業者が潤っていることは事実だと思います。

地元住民にとって迷惑な話なので、基地は嫌だ、海兵隊はくるな という意見をお持ちの方は多いと思いますが、反面そうやって地元の経済にお金が落ち、それによって生計を立てている住民も確実にいます。
そういう目で、沖縄の基地問題をみると、すこし違った見方ができるかもしれません。
そして、原発誘致についても、反対意見ばかりではなかった理由が、自分のこととしてわかる部分があるような気がします。

今回の工事申請から、承認。着工そしてこれからの完成検査に向けて、「ええっ?」というほど無駄ないわゆる役所仕事を目撃することもできました。
そのへんは、別の機会にまとめたいと思います。
とりあえず、予算を執行してもらえなくなると大変だし^^;

ともあれ、今回の防音工事で色々作業していただいた皆様、どうもありがとうございました。
家族一同大変満足し、感謝しております。

«防音工事60日目(のべ78日目)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31