無料ブログはココログ

ココで買えるぞぉ~!



  • そうは言っても、旅費を考えたら通販のほうが安いですよね^^;

  • ラーメン博物館謹製 ラーメンフォーク

  • スノーピークのチタン製先割れスプーン

  • 煙がでない焼き鳥器 卓上で使えます。

  • アマノフーズのグリーンカレー キャンプ、非常用にアリです。

  • すげー良いです!LEDランタン

  • こりゃ旨い? 美唄(角屋)のやきそば

  • 究極の蚊取り線香 パワー森林香
  • 宮崎本店 亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎キンミヤ焼酎 25度 1800ml

« 夏休み(野反湖フィールドフォークコンサート) | トップページ | 山梨ヌーボーまつり2010に行ってきました。 »

週末の小さな旅(江ノ島編)

先日、某師匠が湘南を旅行されたのに刺激されていたところに、テレビでも紹介されていたこともあり、ぽっかい空いた週末の一日、江ノ島散策にでかけてきました。

地元の駅から、小田急線で300円。
1kippu
いつも乗る電車ですが、休日下りの電車は、景色がちょっと違っていました。
タンクトップの下に水着を着て、顔を真っ白に防御しているお姉さん、運転席のすぐ後ろで缶ビールを飲んでいるおじさん。
うーん!小田急江ノ島線って、やっぱりリゾート電車だったのね(笑)

片道30分ほどで片瀬江ノ島駅に到着。駅前の自販機で水を1本買い、橋を渡って江ノ島に入ります。

橋をわたってすぐ、すでに開店しているお店には「本日、生シラスあります。」の札がさがり、イカ焼き、サザエのつぼ焼きなどからとってもいい匂いが...

が、そんな誘惑には目もくれず、まず向かったのは、某師匠ご推薦&TVでも紹介されていた地元で美味しいと評判の磯料理きむら
せっかくだから、美味しいと評判のところでいただきたいものです。
2kimura

し、しかし!生憎開店前(>_<)
よくよく調べると開店は11:50 ^^;^^;^^; 到着したのは9時過ぎ(>_<)

じつは、江ノ島で美味しいご飯を食べようと、当日は朝飯抜き!
そこで、思い出されるのは、橋をわたってすぐのお店の外テーブルで、おばさんがおいしそうに食べていた生シラス丼。

そう思ったら、もう我慢できません。速攻でお店にとって返して、注文!
3sirasu

生シラス丼、イカの丸焼き、イカの塩辛、アオサのお味噌汁、そして生ビール大( ̄▽ ̄)
まず、イカの塩辛をちょとつまんで、カラカラの口の中をさらにちょと辛くしてから、生ビールをぷふぁー!.......ぷふぁー!..... 至福

そして、生シラス丼に醤油をぐるぐるっとかけて、一口 がばっと行く前に、イカ丸をかじってぷふぁー! それからおもむろに生シラス丼をがばー!

旨かった!

食事を終えてもまだ10時をちょっと過ぎたぐらい。
腹ごなしを兼ねて、久々に江ノ島岩屋を訪ねることにします。

子供のころ、おじいちゃんに連れられて江ノ島に来た時は、江ノ島名物エスカーに乗って頂上までいったのですが、さすがに親父の一人旅。しかも食後の腹ごなしですから、そんな乗り物にはのらず、脇の道を汗を拭き拭き登ります。
4enosimakara

当日はとっても良いお天気、夏休み最後の日曜日ということもあり江ノ島、片瀬海岸は大賑わい。海岸線を見ていて、昔、旅行した南仏を思い出しました。

20分ほど階段を登ると、もう頂上。そこには、江ノ島展望台、サムエル・コッキング苑(旧植物園)があります。
昔、植物園だったころに展望台に上ったんですが、いかにも古めかしく、しかも危なっかしく、登るとギシギシ音がするは、風で揺れるは。とてもスリリングな建物だったのですが、さすがに寄る年波には勝てず、新しくモダンな展望台に立て替えられています。
波乗りレストランにもでてたな~とは思ったんだけど、ここもやっぱり親父1人じゃね ってことでパス。
そのまま、湘南海岸からみて裏側(外海側)の稚児が淵を目指します。

江ノ島は楕円形の島で、湘南海岸側は橋で陸地と繋がっています。頂上に展望台があり、その裏は直接相模灘の波が打ちつける磯になっているのです。
5chigogafuti

そして、その一角に岩屋洞窟というスポットがあり、子供のころなんどか訪れたことがあります。今回も久々に....と思ったけど、入洞料が500円也。 

親父一人旅だしと、今回は入り口までいってパス^^;
6iwaya

今回の旅。出だしの食事以外ケチケチルートたどったのには、理由がありました。

私が到着しているのは、橋とは反対側の稚児が淵。ここから駅まで帰るには、再度頂上を目指して山を登り、反対側をくだらなければなりません。しかも、島の裏側にはエスカーもありません。
猛暑のなか、また山道を上り下りするなんて、うんざりです。

そこで、来る時から狙っていたのは、岩屋からでている通船。
7chiket

片道400円で、橋の根元(陸地側)まで乗せて行ってくれるのです。
まぁ、ひなびた通船であまり人気はありません。
家族5人なら2,000円もかかっちゃうので、とても家族連れでは乗れません。
しかし、今回はお気楽親父1人旅ですから、400円ぽっきり(笑)

ということで、帰りはのんびり船に乗って、江ノ島にお別れ
8enoshima

ちなみに、件の豪華客船は、こんな感じの船です。
9goka

船を下りて、5分ほどで片瀬江ノ島駅に到着。
91enosima_2

帰りは、江ノ島始発の各駅停車にのって、地元の駅についたのがお昼ちょっと過ぎたぐらい

わずか4時間ぐらいの短い旅でしたが、久々に江ノ島を、そして夏を楽しんでくることができました。

« 夏休み(野反湖フィールドフォークコンサート) | トップページ | 山梨ヌーボーまつり2010に行ってきました。 »

コメント

イイね~イイね~親父一人旅
それも私の未踏の地です。

旅人さん こんにちは
近所なんで、ほんとにぶらっと一人旅でした。
たまにはクルマを置いて出かけるのも良いもんですね。

ほー
こんな渡船があったんですね~
知らなかったw

師匠、こんにちは。

一人旅ですか?
やさしい奥様で良いですね。

うちなんか、ひとりで出かけたら吊るしあげられます。笑
なんで、子供をつれていかないのと!

あと、10年すると、師匠みたいに大人の一人旅が
できるかな?(^^;

ではでは。(^.^)/~~

鍾乳洞や洞窟好きなので一度は行ってみたい
江の島の洞窟・・・。

一人でもしっかり楽しんでるおおきに!さん。
私も一人って結構好きなので同じルート真似してみようかな。

くま3さん
裏側を知らない人は多いんですよ。
じもピーにとっては、裏はワンダーランド
磯遊びなんか、いまでもとっても遊んでる人多いですよ。
釣り人は行きからいきなり裏まで船ですもん。

さんたくさん
嫁は仕事だったんですよ。
長男(寄生虫)は、前日から友人宅に泊。
次男、三男は、私が帰ったころに起きてきて朝食食べてました((+_+))
しつけがよくない子供が多いと、すぐこんなもんです。

えりちんさん
江の島の岩屋は、子供のころ入れたんだけどずいぶん長いこと閉鎖されてたんですよね。
一人もいいでしょうが、えりちんさんが来るときは教えてね。
ぜひお供させていただきますので^^; だって、一人だと2杯めのぷふぁーがやりにくいんだもの(爆)

なるほど、これが奥様にばれない行動だったわけね
4時間旅か、我が家なら生しらす丼なら1時間もかからないな

お~懐かしき江ノ島。。。
子供達が小さい時に良く行ってました~@磯遊び
当然、帰りは乗り合い船利用で・・・(汗)

こういう「小さな旅」も良いですね~
ちなみに、江ノ島の海保に私の後輩が居ます。。。
関係無いか~(爆)

かずPさん まいど
そうそう、嫁が出て行ってから帰るまでのちょっとの間だけ。
まさか、朝からビールを飲んでいたなんて、お釈迦様でも気がつくめぇ~

sensonさん どもども
懐かしいでしょ~
そういえば、こんな景色だったよな~って感じ。
島の入り口こそお洒落なスパになってますが、中に入ると昔のままって感じ。
じゃっかん垢抜けてはいたけれど。

江ノ島の海保ですか。潜水艦さわぎだかなんだかあったときは大変だったでしょうねぇ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末の小さな旅(江ノ島編):

« 夏休み(野反湖フィールドフォークコンサート) | トップページ | 山梨ヌーボーまつり2010に行ってきました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31